FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『電撃・ランディープ』★大剣(オトモつき)チャレンジ

……オイオイ(*´Д`*)ノ

技術力は日進月歩……それはわかるんだけども。。。

今このタイミングで来ますか!??

3DS LL!!!(゚Д゚;)

→詳しくはコチラ


MH3G発売と同時期……もしくはMH4発売と同時期なら

「ほうほう!(・∀・)」

と、もっと素直に喰いつく事が出来たんだけども。。。

3Gハンターたちが一様に拡張スラパやグリップ装着の上での
狩りに慣れきった頃合いを見計らっての発売断行!

いやぁ~~…でかいですねー。


「OLの弁当箱かっ!!(≧▽≦)ノ」


この大きさ、重さは携帯機としてはギリギリのラインですよね。
そんなとこに活路を求めるよりも外部出力に対応しろと何度も
進言している私の意見はどうやら却下されたようです(≧▽≦);

これ…当然これまでの拡張スラパ、グリップは使えませんよね^^;

ってかこんだけでかくしてんのに、豆粒並みの4つボタンの小ささは健在。
4つボタンの下に結構なスペースが空いてるのに
右スラパは配置されておらず。。。

そして地味にACアダプタ別売りとか><;
(3DS用のアダプタを持っている人は使い回し可)

…とまあ文句ばっか挙げ連ねてみましたが、何だかんだでやっぱ
ちょっとでもでかい画面で狩りたいってのがハンターとして当然の
心理でしょうからある程度売れるのではないでしょうか???

バッテリー駆動時間が伸びたという利点もあるようですしね^^

かく言う私は………うーーーむ。
少なくともMH4発売までは買いません…多分、メイビー、パハップス><w

しかし、購入された方のレビュー記事にはバーゲンセールのワゴン台を
漁る大阪のおばちゃん並みに喰いついていきたいと思いますので、
人柱になっていただける方は大募集ということでww

発売は約1カ月後の2012/07/28。
価格は税込み18900円。

みなさまぜひ!!(≧▽≦)b

*************************************

とまあそれはさておき本題へ。


3Gプレー開始以来、1st・2ndキャラ合わせて約580戦守り抜いてきた
私の大剣不敗神話(3死、時間切れ、リタなし)は前回挑戦した
『獄界の門番』の前にもろくも崩れ去ってしまいました。

→『獄界の門番』大剣チャレンジ記事はコチラ

不敗神話と言っても3Gにおけるマゾクエ最高峰の『獄界の門番』『ランディープ』
への挑戦を意図的に避けてきた上での言わばインチキ記録^^;w

案の定、門番によってそのメッキは簡単に剥がされてしまった訳ですが、
そんな私に決して落胆はなく、むしろ

「守るもんが無くなったんなら…後は攻めるだけじゃろがいっ!o(>▽<)ノ」

と清々しささえも^^
そしてその後のリベンジマッチによって見事門番を討ち果たした事によって、
最近薄れつつあった私の大剣使いとしてのアイデンティティーを再び強く
実感させてくれるいいきっかけにもなりました。

今ならば!!
「大剣は相性悪いから…(;´д`)ゴニョゴニョ」なんて言い訳して逃げて
ばっかりだったあのクエをも乗り越えることが出来るはずっ!!(・∀・)

それこそが
『ランディープx大剣』

ランディープと言えばかなり前にランスで1度クリアしたっきり…
→ランディープxランス記事はコチラ

ラギ亜x大剣は相性が悪かろうと、ランディープどころかその他の
通常クエでも逃げ続けて来た為、対戦経験は恐らく通算5回以下。
(普段はほとんどがランスかガンス、時々片手という感じ)

個人的にラギ亜の攻撃で最もやっかいなのは蓄電と大放電。
予備動作が短いので、胸元密着でブンブン大剣を振り回している最中に
これをやられると回避どころかガードも間に合わないことも。。。

体力や攻撃力の低い通常個体が相手なら多少の被弾は覚悟の上で
胸元密着ポジションで居座って、ゴリ押しファイトを展開しても
何とか押しきれるでしょうし、逆にこれらの攻撃を警戒して
一撃離脱のチキン戦法を徹底しても勝てるでしょう。。

しかし、ランディープの超強個体が相手ともなると…

ゴリ押しファイトも度が過ぎると回復アイテムの枯渇、もしくは
3死敗退に追い込まれ、逆にチキン戦法も度が過ぎると
時間切れ敗退の憂き目に。。。

したがって今回は
「蓄電・大放電がいつ来ても回避できるよう一撃離脱の華麗なる
 ヒット&アウェイスタイルを保ちつつも、隙を逃さず行ける時は
 限界ラインギリギリまで徹底的に行く!」

という判断力と絶妙なバランス感覚が必須。

テーマはズバリ「冷静沈着にして大胆不敵」ってやつです。

…ぬはっ!!日頃の私とはまさに真逆ではないか!!(≧▽≦);



【使用武器】
神滅大剣アル・レボア

【スキル】
■女/剣士■ --- 頑シミュMH3G ver.0.9.2 ---
防御力 [518→598]/空きスロ [0]/武器スロ[0]
頭装備:日向・真【鉢金】 [3]
胴装備:シルバーソルメイル [3]
腕装備:日向・真【篭手】 [2]
腰装備:エスカドラXマイト [2]
脚装備:日向・真【袴】 [3]
お守り:天の護石(回避距離+5,溜め短縮+3) [0]
装飾品:抜刀珠【1】×2、抜刀珠【2】×2、剛体珠【3】、短縮珠【1】×2、跳躍珠【1】×2
耐性値:火[11] 水[-6] 氷[-12] 雷[-1] 龍[-13] 計[-21]

集中
回避距離UP
抜刀術【技】
金剛体
-------------------------------

【猫飯スキル】
攻撃UP【大】、研磨術

【オトモ】
ランプ&大砲のお面

【持ち物】
回復薬G
回復薬
ハチミツ
秘薬
活力剤
ケルビの角
閃光玉
素材玉
光蟲
シビレ罠
落とし穴
捕獲玉
ペイントボール
砥石
鬼人薬G
怪力の種
力の護符
力の爪
守りの護符
守りの爪
調合書①~④


使用武器は苦労して作った割にはほとんど使ってなかったアル・レボア。

ラギ亜の弱点属性は火・龍>氷となっている為、ミラオス大剣あたりも
有力な候補となりますが、今回は「匠なしでの紫ゲージの長さ」を
主な理由にこちらを採用。

スキル構成に関して特筆すべきはやはり「回避距離UP」でしょうか。
蓄電・大放電を出された際に、より確実に当たり判定圏外へ
エスケープする事が狙い。
(前回の門番戦で期待以上に役立った事ですっかり味をしめたという理由も大w)

ほぼ胸1点狙いで戦うつもりだったので、弱点特効あたりも候補に
上がったのですが、肉質表を再確認してみると、胸のダメ透過率は
何とやらしい事に44%><;
(弱点特効が有効なのはダメ透過率45%以上の部位のみ)

※ちなみにラギ亜の弱点部位およびダメ透過率は
 背中(55%)>胸(44%)>尻尾(38%)となっています。


さて、いざ実践へ。

前回のジンオウ亜と違って、ラギ亜はそれほど縦横無尽にチョコマカと
動き回る訳ではないので、戦い方は至ってシンプル。

向かって左に当たり判定が広がる広範囲ブレスを警戒して、
反時計回りに動きながらラギ亜の向かって右ポジションをキープ。

相手の攻撃後の隙に胸に抜刀斬り(状況に応じて溜め1~3)。
胸が狙えない時は尻尾を。
いずれも無理な追撃はせずに基本的には一撃離脱。

胸元(前足付け根あたり)に密着しておけば雷球ブレスや
振り向き噛みつきなどの攻撃は当たらない為、ついつい欲張って
この位置でコンボを繋いでいきたくなりますが、前置きでも
書いたようにこちらの攻撃途中で蓄電・大放電モーションが始まると
もう回避もガードも間に合いません。

したがって、胸元に留まって連続攻撃を狙うにせよ、少なくとも
相手の次の攻撃モーションが始まる瞬間には攻撃の手を止めて
いつでも回避行動が取れる状態にしておく事がなにより大事。

向かって右ポジションをキープしているとついついうっかりミスを
してしまうのが横っ腹タックルへの対応。

この位置にいる時に横っ腹タックルの予備動作を確認するとついつい
右(尻尾方向)へ回避したくなってしまうんですよね。

しかしこの攻撃は向かって右側にこそ凶悪な追尾性能がかかるので
よほど大きくかわさない限りは捕まってしまいます。

逆に向かって左(頭方向)は追尾性能がかなりゆるめ。

したがって、横っ腹タックルへの対処方法は、モーションを確認したら
相手から離れつつも頭方向(要するに左斜め後ろ)に回避するのが
ベストでしょうか。

これによって胸元に張り付いている状態でも回避2回分で充分
当たり判定圏外に抜け出す事が出来ます。※回避距離スキルありとして。
(ちなみに尻尾方向にかわそうとすると、3回転がってもかわせません><;)

同じくうっかりミスでの被弾を度々許したのが回転噛みつき攻撃。

胸元に密着しておけばこの攻撃は当たらないので、密着状態で
出された時は下手に慌てずそのままの位置をキープ。

ですが、厄介なのが、微妙に距離がある(ちょうどラギ亜の顔の下あたり…
剣の切っ先が胸に届くぐらいのポジション)時に噛みつきを出された時。

この時、ついつい相手から遠ざかるように回避しようとすると、
意外と広い攻撃範囲から抜け出せずに喰らってしまうんですよね;;

こちらの剣も相手に届かないぐらい最初から距離が空いている場合は
遠ざかるようにかわしても大丈夫ですが、密着ポジションとも言えない
中途半端な距離にいる時は、逆に相手に向かって胸元安全地帯に
飛びこむのがどうやら正解である模様……

しかし、ガンキンの回転尻尾攻撃やらドボルの大回転やら…懐かしの
アマツの大竜巻などもしかりで、相手の攻撃から遠ざかるのではなく
逆に飛びこんでいくというのは慣れるまでどうも心理的な抵抗が
ありますよね^^;

これまでラギ亜戦はほとんどガー性・ガー強つきのランス・ガンスでしか
戦って来なかったので、各攻撃をガードするのではなく、
回避する事に対する経験値の低さがこういう細かいところに
如実に出てしまいました(;´д`)

その他の攻撃で注意すべきは真正面への腹滑り突進。
攻撃の出が早い上に見た目以上に横の当たり判定範囲が広い
(特に尻尾付近?)のでギリギリ見切ってかわしたつもりなのに、
何故か喰らってしまったというシーンが何度かありました^^;

納刀状態でこのモーションが始まった時なんかはギリギリ紙一重で
かわしてすれ違いざまの尻尾を斬りたくなるのですが……

尻尾に切っ先が触れた瞬間に逆にぶっ飛ばされる結果に!><;
(ガンナーでもない限りこちらの攻撃は当てれないいわば無敵状態なのか、
もしくはこちらの攻撃が当たる直前に踏み込んだ足かなんかが鎧状に
まとった雷にわずかに触れてしまったのか!??)

よほど自信がない限りは突進終わりで雷が消えてから
尻尾を斬るのが無難なようです^^;

以前のランディープxランス戦で得た予備知識を元に捕食行動は
閃光玉で確実に阻止。

疲労タイムは2回到来し、うっかり使い忘れていた落とし穴は
2回目の疲労タイムで使用。
拘束中はここぞとばかりに最弱点である背中に溜め3ループを。

そんなこんなで…
全体的に見ると、やはりラギ亜x大剣の圧倒的経験不足によって、
まだまだ相手の各攻撃に対する的確な対処方法も定まりきらず
当初テーマに掲げた「冷静沈着にして大胆不敵」を実践できたとは
到底言えないものの……

Image8411.jpg
クリアタイム31分00秒(捕獲/1死)
回復薬G17個、秘薬2個、いにしえの秘薬7個使用。
落とし穴1個、疲労時に使用。シビレ罠1個、捕獲時に使用。
閃光玉、捕食阻止に2個、怒り時に3個の合計5個使用。


何とか無事1発クリアで!!(*^▽^*)

タイムだけを見れば苦戦したように見えませんが、
「たった30分でよくこれだけ飲めたな!?」と言うほど
とんでもないハイペースで回復ガブ飲み!(≧▽≦);

フルタイムの長期戦に持ち込まれていたら間違いなく
回復切れしてましたね^^;

最大の懸案事項であった蓄電・大放電こそ充分警戒していたので、
ほとんど喰らう事はありませんでしたが、前述の横っ腹タックルや
噛みつきの被弾…それと意外に多かったのがボーナスタイムとなるべき
疲労タイム中の被弾><;

胸元密着ポジションでの溜め斬りループで一気に削っていきたかった
ところですが、のしかかりを連発されて度々ぶっとばされました;;

行動運に恵まれなかっただけなのか、それとも無難に尻尾斬り
しとくべきだったのか…
このあたりも安定した立ち回りを目指して今後さらに
詰めていくべき要素となりました。

あと、重要な一戦を前に何故こんなポカをやったのか、
全く謎なのが今回のポーチ構成w

万全を期する為に、門番戦では持ち込まなかった鬼人薬Gを
詰め込んだのはいい……
しかし何故そのかわりに調合書⑤を外したっ!!?(゚Д゚;)

まあ、運が良ければそれでも問題なかったのでしょうが、
緊迫した場面でいにしえの秘薬を調合しようとして失敗…
慌てて調合し直したらさっきのゴミのせいで
持ち物いっぱいとかっ!!・゚・(ノД`;)・゚・

一死したのはこの一連のドタバタでどれと入れ替えるかアタフタ
してる時に雷球ブレス直撃を喰らってしまった為><;

あまりにもしょうもない死に方に思わず

「初心者かっ!!!(≧Д≦)ノ」

と自らにツッコミを入れてしまいました><w

よくよく持ち物を見直してみたら絶対にいらない
ペイントボールとか持ってきてるし;;

あと、閃光玉も結局5個しか使わなかったので、
閃光玉調合素材は不要でしたね^^;
多分、閃光玉は15個使い切ってもそれほど大きな成果はないかなと(??)

あと、スキルに関して。
伝家の宝刀とばかりに入れた回避距離UPですが、
今回は門番戦ほどの効果は発揮されず。。。

もちろんあって助かった場面もありましたが、むしろ門番戦に
組み込んでいたもう1つのスキルである「納刀術」があればなーと
恋しくなるシーンの方が圧倒的に多かったですね^^;

回避距離の代わりに納刀術を入れるべきだったか……
しかしそれだと手数は増えても被弾率も上がりそうだから
回復アイテムがもたないか……??

スキル構成に関してもまだまだ再考の余地がありそうです。


最後にクリアタイムに関して重大な告白を。

ランスでの37分台すら上回る今回の31分フラットという記録…
実はこれ、私の実力とは無関係なラッキーも手伝っての事。

と言うのも20分すぎにエリア6から7への移動しようとしたラギ亜が地形に
引っ掛かって足止めをくってる隙に尻尾に溜め3ループを4セットも
ぶち込めるというあり得ない僥倖がっ!!(*^▽^*)

「もしかしてこのまま討伐まで行けんじゃないの!?(・∀・)」と
かなりドキドキしましたが、怒り状態に移行して、一旦こちらを
振り向いて咆哮した直後にまた回れ右をした後はさっきまで
引っ掛かり続けていたところを何事もなかったかのように
通過してエリア7へ。。。

しかし、溜め3ループ4セット分と言えば疲労時の落とし穴にも
匹敵する拘束時間。
これがなければ2~3分は討伐タイムが伸びてものと思われます^^;

なので。
今回の31分クリアというのはあくまで「追い風参考記録」ということで^^w

狙ってハメたならともかく100%偶然ですし、次回以降も再現するのは
まず無理だと思いますしね^^;

しかし再戦する事があれば、今回の反省点・課題を踏まえて
グっと被弾を抑え、「正式な記録」として実力で25分針を
目指したいところです!^^

いやぁ~~それにしても……やっぱ大剣おもしろいわ!(*^▽^*)

しばらく遠ざかっていた事も反動となって、またかつてのように
これからどんどん使用率が上がっていく気配!^^



theme : モンスターハンター3(トライ)G
genre : ゲーム

comment

Secret

はじめまして^^

オニオンと申します<(_ _)>

フラフラとさまよっていたらこちらにたどり着きまして・・・

ファンになりました!w

過去のトライの記事とか、読んでいて懐かしくて^^

私もトライをやっていたので、「あの頃に出会いたかったな・・・」と思ってます^^

これからも楽しい記事、心待ちにしております♪

>オニオン様

はじめまして^^

ネット界の最果ての地と言われる(?)当ブログにご訪問・
書き込みありがとうございます^^w

長ったらしい事に定評のある当ブログの記事を過去分も
含め読んで頂いたとの事、誠感謝です。

今後の更新は…3Gのプレー時間が激減している事もあり
ちょっとどうなるか私自身にもわからないのですが、のんびりと
マイペースで続けていきたいと思っていますので、気が向いた時にでも
またお立ち寄りいただければこれ幸いです^^
プロフィール

揚羽 (ageha)

Author:揚羽 (ageha)
MH2・MHP2G・MH3・MHP3
MH3G…歴代シリーズ累計
プレー時間数はついに3500時間
を突破(≧▽≦);
そのわりにはプレイヤースキルは
完全に頭打ち状態の
「永遠の中級者」こと
大剣LOVEのAgehaが
新たな狩場MH4へ参戦!^^

特技は嫌がらせ級の長文
記事UP。
プレースタイルは…
ブログタイトルの通り(≧▽≦)

気まぐれのんびり更新ですが
どうぞお付き合いのほどを♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
MH CLOCK
You need to upgrade your Flash Player. Flashプレイヤー9をインストールしてください。 iPhone風クロックメーカーは好きな写真をiPhoneの中に表示できる時計です。
RSSリンクの表示
リンク
公式サイト
FC2カウンター
ranking
MH3G・攻略ブログ MHP3rd・攻略ブログ モンハン3(MH3)・攻略ブログ blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。